天皇賞・ジャパンカップ

現在では古馬3冠となるレースとして秋の天皇賞・ジャパンカップ・有馬記念の3つのGIレースが開催されています。古馬3冠というのはこの3レースで勝利したレース馬のことをそう呼称し、最強馬としての地位を得るのと同時に、2000年からは中央競馬会から褒賞金として1億円が贈られます。過去にも数頭が3冠の快挙にチャレンジしますが、見事3冠を成し遂げたのはティエムオペラオーとゼンノロブロイという2頭のレース馬だけとなります。とても険しい道のりとなることが分かりますが、そうなっている理由としては騎手ごとに追走力も異なってくるため、疲労が蓄積しやすいという点が挙げられます。この疲労によってジャパンカップまでは勝利するものの、最後の有馬記念でバテてしまい3冠に届かないというレース馬も少なくありません。
しかもこの古馬3冠レースはどれも中距離を走ることとなりますが、レースごとにおけるチャームポイントも違ってきます。機敏に立ち回ることと同時に俊足の脚が求められる秋の天皇賞、各国から強豪が集いそれを払いのける高い実力が求められるジャパンカップ、高難易度の中山競馬場を熟知しそのコースを縦横無尽に駆ける馬、そして騎手の手腕が求められる有馬記念。それぞれのレースにおいて馬の実力や騎手の手腕が求められますが、それに加え強運の持ち主こそ古馬3冠に手が届くのだろうと思います。しかし現在では古馬3冠を目指すことよりも、レース馬としての寿命を考慮したレースで臨んでくるレース馬も増えてきているという傾向にあります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です