日本の競馬において

 日本の競馬において一番の伝統と格式を誇るレースといえば天皇賞です。春と秋の年2回、京都と東京で開催される同レースは、1905年創設の帝室御章典というレー
スを前身として、1937年に第1回が開催されました。かつて日本競馬界では、長距離レースを勝てる馬が強い馬の基準とされていましたので、主だった重賞レースは
ほとんど2400m以上の長距離レースでした。秋の天皇賞も東京競馬場の芝3200mで施行されていました。しかし世界的なスピード競馬への流れにともない日本競馬
も競馬の近代化、スピード化が図られ、中距離路線の整備の一環もあって1984年、秋の天皇賞は、東京競馬場の芝2000mへと距離が変更となります。この記念すべ
き距離変更後の優勝馬第1号となったのが、三冠馬のミスターシービーでありました。現在では、ジャパンカップ、有馬記念とともに秋の古馬三冠シリーズを形成していま
して、全レースを制した馬には別途報奨金が与えられます。
 さてこの東京競馬場の芝2000mは、コース形状が特殊でありまして、スタート直後にコーナーを曲がらなければなりません。そのため外枠の馬はコーナーワークで大
きく損をすることもあり非常に不利といわれています。また最近では秋の天皇賞の出走条件が変わりまして、3歳馬も出られるようになりました。これにより長距離適正の
ない馬は菊花賞を回避して秋の天皇賞へ出走することも多くなっています。そして最近の傾向は牝馬の強さでしょうか。エアグルーヴの勝利以後、ウォッカやブエナビスタ
などの超一流の牝馬が優勝しています。牝馬ならではの瞬発力、スピードがこのコースに合うのかもしれませんね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です