中山グランプリ

暮れに開催されるレースとしてお馴染みとなった中山大障害に代わって、当時競馬会の理事を務めていた有馬頼寧のプランで記念すべき1回目となる中山グランプリが開催されることになります。ビッグレースを目指して創設されたこのレースの特徴は、ファンに競馬をより身近なものにしてもらおうとエントリー馬をファンの投票で決定するという選出方法をとりました。まさに競馬オールスター戦ということなのです。このアイデアは世界的にも斬新な見方で高評価を得ておりました。しかし1957年にこのレースの創設者であり競馬会理事を務めていた有馬頼寧が亡くなるという不幸があり、その後有馬頼寧の過去の功績を讃える意味で有馬記念と改称しました。ですが副題として何回目のグランプリなのかという表記はされることとなります。レース名に人物名を冠するレースは初めてのことであり、グランプリと副題を打っていることからここでの勝利馬にはグランプリホースと呼ばれることとなります。
このレースで勝利した馬には、ジャパンカップに次ぐ高額のプライズマネーが贈られることになります。日本国内で2番目の額を誇るものであり、暮れの開催とあってハイレベルな戦いも繰り広げられており、ファンたちも大いに盛り上がりを見せます。過去にレース馬たちの名シーンも生み出されており、ドリームレースとして最も高い売り上げを誇るレースでもあります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です