馬券フォーカス

どの分野でも、その道の「プロ」が必ずいて、そしてなぜかプロよりもはるかに多くの「アマ(素人)」も存在するものです。
そして、どの分野においてもプロとアマの間には大きな実力差が存在するものです。
しかし、こと「馬券」という分野においては、意外にもプロとアマの実力差は小さいのです。
昔からよく言われる競馬の格言で、「素人でも2割は的中できるのが競馬」というのがあります。
そして、これは競馬に長くたずさわっているとなるほど実感できる格言です。
世にあまたある競馬予想会社の中で、この「事実」をうまく利用した競馬予想会社があります。
それが、この業界でも数々の実績を残してきている「馬券フォーカス」なのです。
昨年2011年の天皇賞・秋の勝ち馬といえばもちろんトーセンジョーダンですが、その島川オーナーのマネージャーを務めた経験を持つ斉藤洋一という人物が、この「馬券フォーカス」を立ち上げました。
競走馬――しかも天皇賞馬――のオーナーのマネージャーを務めるくらいですから、当然厩舎関係者とも密に接触が可能な立場でしょうし、そして信頼置ける人脈の構築にも疑いはないはずです。
そうした「現場」の状況をつぶさに把握し、分析して予想を導くスタイルこそ、この「馬券フォーカス」の最大の魅力です。
それほど特大の万馬券は狙いませんが、10万馬券前後の配当をコンスタントに的中させるその洞察力は、業界きっての眼力です。
しかも、この「馬券フォーカス」の会員に提供する多くの情報はすべて無料ということですから、これもまた太っ腹な、魅力あるサービスだと思いませんか?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です